2345年06月07日

メニュー

メニュー

about

同人情報

百合物件目次

マリみてSS目次

その他の創作物目次

分類不能な雑文目次

リンク

更新履歴
11.12.15 その他の創作物に「睾丸スパーロック30デイズ」5本追加
11.12.11 その他の創作物に「睾丸スパーロック30デイズ」5本追加
11.12.04 その他の創作物に「睾丸スパーロック30デイズ」5本追加
posted by u_shino at 08:09| メニュー | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

プロ棋士って呼び方

どうしてもサーバーを連想してしまう。
プロ棋士が刺される事件とかがあったら、犯人が匿名性に隠れて逃げ延びてしまうのではないだろうか。


最近、テレビでやたら痴漢冤罪の特集を見かけるようになった。
痴漢が常態化して等閑視される一方で、痴漢冤罪への恐ればかりが或る種の恐慌のように広がっていく様には、どこか歪みを感じる。

そういえばこの間、「好きか嫌いか言う時間」なるテレビ番組で、痴漢冤罪特集を見た。
現在の痴漢対策について、「改善が必要」派と「現状維持」派に分かれてグループ討論を行うという主旨で、
前者には痴漢冤罪の被害者と弁護士、後者には警察の偉いさんとフェミニストとアイドルが割り当てられていた。
こんな滅茶苦茶な構成があるだろうか。
「改善が必要」「現状維持」という分け方もアレだし、そこに割り当てられた面子もおかしい。
それとも痴漢冤罪に怯える人々には、これが世界観としてピッタリくるんだろうか?

と思ったのだが、昨今の表現規制問題においても、同じような論法が散見されるので、意外にメジャーなものの見方なのかも知れない。
「いわれのない迫害を受ける我々+同情的な権威」vs「国家権力(省略可)+やかましい人権派+理解のない愚民」みたいなの。
実際には、表現の自由を侵す人権侵害と、表現の自由に名を借りた人権侵害、そしてそれと戦う人々がいるだけなのだが。

そもそも冤罪事件における最大の脅威は、推定有罪の司法の体質であり、有罪と名指された人間に対する社会からの偏見である。
また、痴漢と痴漢冤罪の扱いの差には、男女の権力勾配がハッキリとみてとれる。
現在の痴漢冤罪パニックにおいては、こうした階級的観点が完全に抜け落ちている。

当たり前の話だが、痴漢に限らず冤罪事件のリスクは、決してゼロにはできない。
誰かに罪を着せられたり、反対に罪を着せてしまったりといったことは、明日にでも我が身に起こり得ることである。
もし冤罪ゼロを目指すなら、方法は一つしかない。犯罪を一切取り締まらないことだ。しかし、こんな馬鹿げた解決策もあるまい。
であるならば、目指すべきは冤罪ゼロではなく、推定無罪を徹底すること、冤罪に対する救済措置を充実させることではないか。
(この観点から死刑は当然ながら否定されるべきである。冤罪だった場合、死んでしまっては救済のしようがなくなるからだ)

冤罪事件に対する社会的関心が高まること、それ自体は大いに結構なことだ。
痴漢冤罪から過去の冤罪事件全般に関心が広がっていけば、さらに結構だ。
しかし、決してそうはならないだろう。
痴漢冤罪パニックは、冤罪を生み出す構造への抗議であるより、むしろ加担であるからだ。
通勤電車に揺られて未だ見ぬ牢屋の夢を見る人々の降りる場所は、何も線路の上でなくてもよかったはずだ。
人死にを出してもまだ目が覚めないのだろうか。


うおおめっちゃ懐かしい!
http://bio100.jp/play_game/superdepth.html

回答者のテンションが高すぎて笑う
https://twitter.com/tanukipaisen/status/846333664275288064
posted by u_shino at 01:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

けものフレンズのAVがもう出ている

「君の縄」といい「チン・コジラ」といい、この業界の迅速な仕事ぶりには本当に頭が下がる。
お前ら本当いい加減にしとけよ。

というわけで、けものフレンズを全話視聴。
「Falloutの世界観っぽいから見てみなさい」と珍妙な勧め方をされたのだが、確かにそれっぽい。サンドスターに近づくとガリガリいいそう。
あと、フレンズたちがどうしてもパックスに見えて仕方ない。
もしやと思って探したら、Fallout4でジャパリまんのMODが出ていた。ストレンジミート饅頭!

そして当然のように、けものフレンズ×Fallout4のMADがある。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30780806

「やばんなちほー」「ひばくちほー」といったコメントを見て、決して日の目を見ないタイプの言語センスに嫉妬。


蚕の炒め物について調べていたら、「ざざむし」が再開してるのを発見。うおおマジか。
カースマルツゥを自作するなど、相も変わらず正気を疑う内容で安心した。
http://zazamushi.net/casumarzu/
posted by u_shino at 03:29| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

「哭声は反日映画」との評を見てしまい哀号が止まらない

何でやねん。唯一の日本人キャストである國村隼が、何かの罰ゲームのように、延々と半裸で野山を徘徊させられてたからだろうか。
とはいえ、確かに象徴的なシーンが多い映画ではあったので、政治的な解釈もできなくはない。
例えば「村社会に『異邦人』が入り込んだとき、村人の視点では状況がこんな風に見えていますよ」という風刺として読んでみるとか。
イエス・キリストをモチーフにしつつも、それが翻訳じみた違和感をまとわないのは、異邦人というものが古今東西共通のテーマだからかも知れぬ。
面白い映画何本かを一まとめにして圧縮したような怪作。面白いが体力を奪われる。
まだ公開中なので、観てない反日分子は映画館へGOだ。
https://www.youtube.com/watch?v=QjYws-jG400

「クローズ」全26巻、外伝全2巻を読了。
同じパターンの話が延々続く感じが面白い。あと、この手のヤンキーものって、どこか感傷的だよな。
山田孝之経由でクローズZEROから入ったクチなので、海老塚中トリオとかリンダマンが出てくるのが嬉しかった。

「進撃の巨人」にハマっている。今さら。
単行本を読んでから、アニメを最新話まで観るなど。
残酷な描写だけが売りかと思ってたら、意外に面白かった。ちゃんとしておる。
「力が無いと正義を通せない」みたいな主張がありつつ、同時にそこから少し距離を取っている感じがいい。
全然関係ないけど、巨人の容貌を見ていると、何故かペドファイル系の性犯罪者を連想する……

スクエニ「ライフイズストレンジ」をプレイ中。
これはやばい。久々に百合ゲームを引きましたよ奥さん。今週の平均睡眠時間が大幅に削られた。
アドベンチャー部分が若干単調で、だんだんタルくなってくるけど、百合があれば乗り越えられる。
百合作品でクロエという名を見ると、どうしてもNOIRを思い出すが、こっちのクロエも若干愛が重い。
https://www.youtube.com/watch?v=H0DyVGnLkOQ


メール返信。今月頭らへんにメッセージをくれた方へ。
お久しぶりであります。あんまり稼働していないサイトに足を運んでくださり多謝。
再開したようで嬉しい限り。続編を楽しみにしとります。
posted by u_shino at 02:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

どうしてもそのくだらない質問に答えねばなりませんか

勉強はなぜ必要なのでしょうか?

これは、Twitterなり2chなり発言小町なりで、定期的にバズってるテーマの一つです。
デートで割り勘はアリかナシかとか、ベビーカーで通勤ラッシュの電車に乗るなとか、そういった類の。

バズるテーマというのは、大体は次の2種類です。
1つは、問いの立て方がおかしくて答えの出ようがないもの。
もう1つは、分かりきった答えを敢えて無視する大喜利形式。
答えがないこと/答えの提出を禁じることで、理論上は永遠にクソの投げつけあいができるというわけです。

試しに、適当な匿名掲示板で、人気のトピックをいくつか覗いてみてください。
おおむね10か30レスくらいで全ての論点が出尽くして、後はその改変を最後まで延々繰り返すだけ、というパターンが見えてくると思います。
誰も議論などしたがりません。ただ、痰壺に痰を吐くように、自分の意見を言い捨てるだけです。
そういえば、こういう言い回しがありますね。意見はケツの穴のようなもの。皆が持っていて、皆が他人のものを臭いと思っている。

何らかのテーマがバズることで、或いは世論が動いたり、現状が改善したりするかも知れません。
しかし多くの場合、バズったテーマは、同じ場所をぐるぐる回って消えてを繰り返すだけです。

ところで正直な話、僕は単に「バズる」という言葉を使いたかっただけなので(バブると響きが似ているから)、そろそろこの辺で話を終えてもいいかも知れません。
いや、でもせっかくなので、もうちょっと続けておこうかな。

「勉強はなぜ必要か」、このテーマは色んな切り口があると思います。
勉強というのは、学校でする勉強なのか、もっと広い生涯学習の話なのか、何かを学ぶという抽象的な行為全般を指すのか。
必要というのは、どういう種類の必要なのか。実生活で直接役立つ知恵袋か、稼ぐための職能か、もっと根本的な生き方にかかわるものなのか。
問いを発する主体はどこにあるのか。勉強する人間自身か、親や学校、あるいは国家システムか。
問いの意図は何か。必要あり・なしの結論ありきなのか、勉強による損と得を秤にかけているのか、損得以上の意義を問うているのか。

この中から、テキトウに組み合わせを選ぶと、例えば次のような問題設定ができるでしょう。
・親が小学生の子どもに「どうして勉強しないといけないの?」と、しつこく聞かれて困っている。どうすれば素直に、勉強に取り組ませることができるだろうか。
・大学の文学部など、実用的でない学問をやらせるばかりで、世の中の役に立っているとは思えない。こんなものに国が経済的援助を行う意味はあるのか。
・高校の勉強がつまらなくて仕方ない。数学とか世界史とか漢文とか、絶対に大人になっても使わない。こんなものを勉強して何になるんだろう。
・アイマスのアーニャにかぶれてロシア語を勉強し始めたが、ロシア語を覚えたって別にアーニャとセックスできるわけではないと気づいてから、だんだん勉強する意味を見失ってきた。

この問題に対して、皆さんなら、どう答えるでしょうか。
というか、1番目の問題に関しては、親の側で既に「学校の勉強は必要だ」という結論を持っているようですから、その結論に至るまでの理路を説明すれば済む気がしますが。

「勉強はなぜ必要か」のテーマは、結構な掘り下げ甲斐のある話なのに、
「勉強しないと馬鹿にされる」という現状追認、「勉強なんか必要ない!」という無責任発言の二択になりがちなのは、何か勿体ないですよね。
皆が一度は向き合うテーマであるがために、逆に掘り下げられることがないのかも知れません。
だからバズるのだとも言えるのですが。

たくさんバズるという言葉を使えて満足したので、今日はこの辺で終わります。
バブるに対してオギャリティという言葉があるように、バズるに対してトゥギャリティという言葉を思いついたが、よく考えるとTwitterにしか使えないから駄目だな。


ハートウォーミングだけど、作者は多分ガチのロリコン。
http://www.tonarinoyj.jp/manga/akebi/
posted by u_shino at 03:44| 日記 | 更新情報をチェックする