2015年01月31日

モバマスアニメでアーニャがいっぱい喋ったので満足です

何を言ってるのかは何一つ分からなかったけれども。
前後の文脈から判断するに、ニュージェネレーションのオーバーワークを心配してウオトカなどを差し入れていたので、おそらく「労働英雄スタハーノフに続け」「五カ年計画を四カ年で」「ハラショーミツボシ! ウラーCGプロレタリアート!」みたいな檄を飛ばしていたものと思われる。
そもそもシンデレラプロジェクトの名は、煤をかぶった労働者に由来するものである。高度な工業化を成し遂げたCGプロは、工業分野における生産性向上の必要に迫られていた。そこで「一介の炭鉱労働者に過ぎなかったスタハーノフが、新技術の開発によりノルマを大幅に超過し、祖国に貢献した偉大な英雄となる」という、一つのシンデレラストーリーを宣伝することにより、他の労働者の自発的なノルマ超過を促し、更なる工業の発展を目指した。これがシンデレラプロジェクトの趣旨である。
言い換えるなら、シンデレラ=労働英雄スタハーノフは、新しい社会の発展を担うロール・モデルとして示されたのだ。こうした歴史的経緯をふまえれば、アーニャがニュージェネレーション(=新しい社会)を激励するのにスタハーノフをひいたことは、何ら不自然でないといえるだろう。
参考までに言い添えておくなら、現在CGプロで広く愛飲されている、良心的な価格で、中毒性も副作用もなく極めて安全な栄養ドリンク「スタハーノフ・ドリンク(スタドリ)」は、言うまでもなく労働英雄スタハーノフからその名を取っている。その効能たるや凄まじく、疲労がたちどころにポンと取れるといわれている。労働者の祖国ソヴィエトへの忠誠心があるならば、今直ぐにでも購入すべきである。もし購入しない場合は……なお、これはステルスマーケティングではない。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20062892

ここまで書いて思いついたのだけれど、菜々さんあたりがロシアをソ連と言い間違えてアーニャを激怒させるシーンがあってもいいんじゃないだろうか。あと、ブルーナポレオンが冬将軍に敗れたり。

ソ連といえば、こんなの見つけた。ロリクステッド連邦。おそらく最貧国。
ソ連の軍歌がいっぱい出てきて嬉しい。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22026512

ソ連の軍歌その2
ふたりはマキシム Marx Heart
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20806254

ロシアの極北、サハ共和国のラップ。
牛小屋の半径100m以内で用が足りている感じがクール。
http://www.youtube.com/watch?v=95zh-Cgoutg


あと、ロシアと関係なくて申し訳ないけど、きらりが蘭子をスルーしたのが酷いと思った。
じゃあどう対応したらいいんだ、と言われたら困るのだけれども。

熊本弁
http://ssimas.blog.fc2.com/blog-entry-4255.html

熊本弁講座
http://morikinoko.com/archives/51837896.html
posted by u_shino at 20:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

P「高橋礼子と三船美優のモラハラ離婚?」

みたいなSSが読みたい。
あと、モバマスといえば飛鳥がこんなことに。
http://news.livedoor.com/article/detail/9697051/


イスラム国の人質事件で、イラクの時の自己責任論が再利用されているのを見るなど。いやーMOTTAINAIの精神ですね。
自己責任論って要するに「自ら望んで危険な場所に行ったのだから殺されても自業自得」みたいな空虚な精神論の総称で、まあ特にコメントする価値もないんだけど、それがいつの間にか「国民がトラブルに巻き込まれたとき、国民の側に落ち度(言いがかりでもよい)さえあれば、政府が国民を助けるために手を尽くす必要はないし、国民がそう求めるのは筋違いである」みたいな話に進化してしまっていて、何ともかんとも。一体何が楽しくて自分のツラに唾を吐いてるんだろうか。誰かがリスクを冒すことやその結果を自身でどう受け止めるかと、政府が国民を助けるべきか(僕らは何のために事あるごとに税金をむしられてるんでしたっけ?)は、全然別の話だろう。
こんなものは極めてシンプルな原理原則の話であって、人質が十分に安全対策をしていたかとか、その氏素性がジャーナリストか平和活動家か訳の分からん民間軍事会社の人間かとは一切関係がない話のはずなのだけれど、色んな人が頼まれもせんのに「政府が国民を助けないための理由」やら「政府が国民を助けられなかったときのための言い訳」やらを捻り出そうと涙ぐましい努力をしているのを見るにつれて、原発のときもこんなだったよなあと頭を抱える。我々はイスラム国の野蛮を笑う前に、まず自身の前近代性を笑うべきなのだ。
笑うといえば、人質のクソコラではしゃいでる連中ね。こんなもん、シャルリー・エブドでもやらないぞ。多数派に阿る「風刺」の更に下を行くという。ああクールジャパンだなあという感じ。


Fallout3 vs Skyrim
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25395730
posted by u_shino at 01:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

メイドさんが丁寧語で言葉責めしてくれる的な催眠音声で

「イキなさい」を「イッてらっしゃいませ」と言い換えてるのが面白すぎる。
しかし、催眠音声は催眠にかかれないので今ひとつノレない感じだなー。
ヨガとか習って変性意識状態を習得した方がいいのか知らん。
麻原彰晃のヨガ教本が家のどこかに眠っていた記憶があるので後で探そう。

モバマスアニメ全13話を一気見する。いやーすごかった。
竹内Pって名前、どうも覚えがあると思ったら、まさか竹内巨麿のことだったとは。完全に意表を突かれた。
一応、キャラ萌え的な要素というか、日常的なゆるふわとして、歴史の生き証人たる菜々さんが神武天皇以前の皇室について体験談を語ったり、瑞樹さんが千里眼で色んなことをわかったり、アーニャがツラニズムから日露同祖論を展開したり、農本ファシスト橘孝三郎の子孫を自認するありすが「橘って呼んでください」と主張したり、難波笑美が虎ノ門で天皇を暗殺しようとしたり、清良が愛海のアナルに毒虫を詰め込んで毒手を作ったり、そういう微笑ましいシーンは色々あったけれど、メインのストーリーはあくまで歴史モノであって、オカルトや大衆娯楽が時代の波の中で徐々にファシズムに取り込まれていく様が史実に基づいて描かれ、まさに昭和裏面史という感じを受けた。
巨麿Pが星輝子のマジックマッシュルーム疑惑を追ううちに星製薬のモルヒネ製造=大陸の阿片政策にたどり着き、そこからヘレン=ヘロイン、そしてシャブ屋凜、飛鳥・涼、法子の芸能界薬物汚染を足がかりに、巴ラインからならず者ども=大陸浪人集団を取り込み、更にその背後にいる急進派の軍人を亜季の人脈から取り込んで、国際連盟を脱退すると同時にみくにゃんのファンを辞め、ラストはヒヒイロカネで出来た巨大ロボに乗って、千川=国際ユダヤ資本=西洋文明との戦いに勝利して近代の超克を成し遂げ、天皇こそが人類の始祖にして唯一の領導者たることを示すとともに、万邦帰一の大理想を果たしたさまには、日本を愛する普通の日本人として感涙を禁じ得なかった。
最終話のエンディングが「君が代」のヘブライ語バージョンだったことは、日ユ同祖論の変遷、すなわち日本が先かユダヤが先かといった問題を置き去りにする、日本型ファシズムの融通無碍を示しており、「君が代=クムガヨワ=立ち上がって神を称えよ」の呼びかけに、全国の視聴者は思想信条の違いを超えてスタンディングオベーションしたのであった。一つになろうニッポン!

GO!満映!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17194154
posted by u_shino at 01:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

お前のゲージュツとやらに幸あれ

フランスの新聞社にテロ。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/07/4-cartoonists-killed-charlie-hebdo_n_6433584.html

テロか反テロか、ショウ・ザ・フラッグ的なワンイシューのお祭り騒ぎ。
それはそれとして、風刺画が本当に適切なものだったのだろうか、という点は、そろそろ問われてもいいのでは。
ある作品に対して、「芸術としての価値を認めるか」「倫理的観点から許容すべきか」「法的規制の対象とすべきか」全てごっちゃにして、「風刺だから何でも許される」レベルの、俗流芸術至上主義の出る幕でもあるまい。
イスラム教徒を無思慮にイジり倒して許される社会は、「風刺画が許されない息苦しい社会」より、ずっと息苦しい。
ル・ペン、ブリジッド・バルドー、「公立学校におけるこれ見よがしな宗教シンボル着用の禁止法」。
フランスが、イスラム国の戦闘員の最大の供給元になっているのは、まさにその息苦しさのためではなかったか。
「言論の自由」の概念を弄んではならない。言論の自由は、権利に対する不当な侵害を許容しない。
問われるべきは、テロか反テロかではなく、人権か反人権かだ。そっちの方が、余程フランスっぽくてよろしいかと思うのだが。
我らを討たんと虐政の、血塗れの軍旗が揚がったぞ!


萩原ムキ歩
http://456p.doorblog.jp/archives/27642901.html


ホーリーランド×アイマス。
基本的に紙芝居だが、アクションシーンのみ動画に。意外にモーションが凝っていて楽しい。
涼ちんのヒロイン感……
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20282312

↑に触発されて、ホーリーランド(ドラマ版)を見るなど。
主人公が可愛くない……と思ったのだが、話が進むごとに可愛く見えてくる不思議。
伊沢マサキ、土屋、加藤はそれっぽくてよかった。
というか、土屋役の人、レスリング経験者で飲食店の店長って。そこまで揃えなくても。


スカイリム地下闘技場
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21491540
posted by u_shino at 00:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

スニッカーズのCMを見て

「こいつ、腹切ると三島由紀夫みたいになるんだよ」なるバリエーションを思いつくなど。
森田必勝は、どっちかといえばキットカットのCMだな。名前的に。いや、決してお腹をカットしたからなどという不謹慎な理由ではなく。

新年明けましておめでとうございます。年末年始、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
僕は年越しプロレスを見に行って、ヤンキー二丁拳銃が蛍光灯で頭を割られるのを見ながら、2015年を迎えました。
あと、友利花のライブに行った。何曲目かで雪歩の曲を歌い始め、白いサイリウムに埋め尽くされるライブハウス。ゆりしーとゆりしーは別人、というギミックが形骸化しきったとき、真のゆりしーが姿を現すのかも知れない……
あと、本気で怖かったことが。演奏の合間、「みなさん、じゃんけんをしましょう」みたいな、ヌルいアイドル的なコーナーが始まって、こりゃトイレタイムかなーと思ったら、いきなり「じゃーんけーんぽん、じゃーんけーんぽん、じゃーんけーんぽん」と何の説明もなく一人じゃんけんをやり出して、さすがに身体が硬直した。
この人はやはり、モノが違う。

ニコニコで刃牙動画を探す日々。
「サムネ空掌」「病院だよゥッッ!!」など、タグもいい感じで楽しい。

刃牙×キャラメルダンシン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11050823

刃牙×さくらんぼキック
http://www.nicovideo.jp/watch/sm172050

刃牙×アマガミ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17479698

刃牙×ベルばら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4588627

刃牙と関係ないけど、マリみて関連の動画なども紹介。マリみてサイトなので。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9075826
posted by u_shino at 02:09| 日記 | 更新情報をチェックする