2016年09月26日

貧乏姉妹物語

貧困JKが一時期話題になっていましたね。
趣味に金を使いすぎる、あれでは貧困とはいえない、みたいな意見が多々あって、たいへん恐れ入りました。
そういえば、生活保護の不正受給問題の折は、受給者がパチンコに行っただけで、囂々たる非難を浴びていたような。
経済的に困窮している人間が、趣味にカネを使うとは図々しい、ということか。
垢まみれでボロ切れをまとい、藁を咥えて鼻でも垂らしておれば、世間の皆々様方に、貧乏人と認めていただけるのであろうか。
エエ、右や左の旦那様……

話はちょっとそれるのだが、昔、ホームレス支援の団体の人が、こんなことを言っていた。
「ホームレスにカネを渡したとして、それを仕事探しに活かせる奴と、酒を飲んで使い果たしちゃう奴、より支援が必要なのはどっちだろう?」
また、ウシジマくんの「ギャル汚くん」には、「お金持ちがお金持っているのはね……無駄金使わないからだ!!」なんて台詞があった。
当然ながら、計画的なカネの使い方をすれば、カネは貯まっていくに違いない。
しかし、計画性を学ぶ機会がなかった人間や、将来の希望のない人間が、どうやって計画的なカネの使い方を身につけるのだろうか?
こうして、富める者はいよいよ富み、貧しき者はいよいよ貧しくなる。

ところで最も使い古されたネットジャーゴンの一つに、「ぐぐれ」というのがある。
今の時代、ネットで検索すれば、たいていの疑問は解決することになっている。
しかし、実際は全くそうなっていない。
そもそも、検索のスタートライン、検索ワードに何を選ぶかという段で、早速つまずく場合がある。
例えば、海外のポルノサイトで、寝取られものを探したい場合、「cuckold」とか「cheating」とかの検索ワードが必要になる。
ちなみにこの単語を知らなかったとき、僕はわざわざ「in front of husband」とか、自分なりの涙ぐましい努力で検索結果を絞り込んでいたが、アタッカーズの作品ばかりヒットしてしまった。
その他にも、露出モノは「exposure」より「public」の方が検索結果が多かったり、オナサポは「joi」で見つかるものの大半はfemdom系である、といったように、洋モノには独特のクセがあるようだ。
いや、話がそれた。
何が言いたいかというと、検索したい領域の語彙がなければ、検索の精度は著しく下がってしまう、ということだ。
あるいは、検索結果から有用な情報を汲み取るにも、やはり検索したい領域に対する知識が必要になる。
試しに政治的なトピックを「ぐぐって」みて欲しい。上位に来るのはゴミクズ以下のまとめサイトばかりではないか。
そんなものをいくつ読んだところで、何一つ得るところはないだろう。
必要な情報は、決して隠されているわけではないが、そびえたつクソの山に埋もれている。

計画的なカネの使い方ができない貧乏人や、グーグル検索一つまともにできない「情弱」を、自己責任の一言で切って捨てるのは容易い。
しかし、「服を買いに行くための服がない」人々を切り捨てることは、結局は自分自身の首を絞めることになりはしないか、とも思う。
全裸で生まれてきた我々にとって、服が提供される機会は、多ければ多いほどよいのではないだろうか?
posted by u_shino at 02:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

DLCをクリアし終えたので

8月リリースのDLCを待つ日々。あ、もちろんFallout4の話です。
ひとまずDLC「Automatron」「Far Harbor」をクリアしました。

「Automatron」は、またしてもメカニストが出てくる。
全体的にメカメカしいというか、ジャンクっぽくて、Fallout感が出ている。
ロボットが作れるようになったので、お気に入りの居住地にはセントリーとか強めのやつを配置。楽しい。
が、素材が足りなくなってくる。

「Far Harbor」は、3の「Point Lookout」っぽい。
というか、プンガの儀式とか、まんまのシーンが。
奇怪な動植物がうじゃうじゃ追加されてテンションが上がる。
あと、チルドレンオブアトムが先鋭化・大規模化していて笑ってしまった。
メガトンにいたときは、あんなに人畜無害だったのに。
君らにとって、核ミサイルは発射するものでなく拝むものだったはずだ……

2ちゃんねるのFallout関連のスレでは、結構な頻度で、レールロード絡みの喧嘩を見かける。
ネットの人たちにありがちな、市民団体アレルギーが発症してしまうのだろうか。
でも、ゲームの派閥と対応する形で、リアルに派閥が発生しているのは、何となく面白かったり。

派閥といえば、インスティチュートのモデルって、もしかして精神分析なんではなかろうか、という気がしている。
精神分析にはインスティチュートという訓練機関があるし、トップの「ファーザー」の見た目が(デフォルトでは)フロイトそっくりだし。
エリート主義的で秘儀めいたイメージやパターナリズム、組織の幹部が我の強い曲者ぞろいであるところも、何となくそれっぽい。
だとすると、他派閥にも心理学の派閥を割り振ることができるのだろうか。
物量と科学力で押し切るB.O.S.は行動主義心理学、ヒューマニスティックなレールロードは人間性心理学、ミニッツメンは……何だろう、しっくり来るものがないな。
しかし、そう考えると、Fallout4は、家族関係に悩んで心を病んだ主人公が、自分に適した精神療法を探す旅ということになるのかな。
実はポストアポカリプスなど存在せず、全ては子殺しをした主婦の妄想で、最終的には三角コーンをかぶった半裸の男がナタを持って(以下略。)

モバマスじゃない方のアスカ……
http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/07/18/031050
posted by u_shino at 01:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

キュリー・マイ・ラブ

まだサンクチュアリヒルズにいる。あと、夏コミに落ちました。
近況報告は以上です。

フリースタイルダンジョン特別編、モンスターズウォーを見るなど。
これは楽しい。1対1とはまた違った面白さがあるなあ。
R指定とDOTAMAのチーム戦は、めっちゃ興奮した。
フリースタイルダンジョンの中で、因縁が生まれておる。
意外にお笑い芸人がファンだったりして、MCバトルって形式に、何か共感するものがあるのかなと思ったり。

ジョジョ第4部のアニメを14話まで一気見。
プッツンの山岸由花子が動いてくれれば、他には何も要らぬ。
「山岸由花子は恋をする」の、その1とその2だけ、何度も繰り返して見た。
対象の存在しない熱狂ほど、美しいものはないんである。
改心した由花子を見て、何となく可南子を思い出して切なくなった。
いや、中の人的には志摩子さんなんだけど(マリみてファン的発言)。

保田與重郎「鳥見のひかり」を読む。
大東亜戦争を「祭り」とみなす観点が、相当にイッてて面白い。
徹頭徹尾の浪漫主義というか、古代の美を追究するあまり、国家神道と折り合いが悪かったようで、
それでもこういう人までがイデオローグとして機能してしまうあたり、泥沼というほかない。
そういえば、高橋和巳「散華」の中津老人は、保田がモデルと聞いたことがある。
かつて特攻隊を正当化する思想を生み出した中津が、特攻隊の生き残りである主人公から罪を難詰され、
しかも主人公は、大企業の利益のために、中津を居住地から追い出そうとしている、という何重ものねじれ。
戦争が終わったところで、一件落着、大団円、とはいかないのである。
ところで「鳥居のひかり」とモジると、江利子さまのオデコを思い出しませんか(マリみてファン的発言)。
posted by u_shino at 01:38| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

サンクチュアリヒルズから

恥ずかしながら帰って参りました。だいぶ久々の更新。
以下、雑感など。

・ケイトが可愛い。薬物中毒、アルコール中毒、暴力で物事を解決するタイプのクズ
・パイパーも可愛い。時々ちょっと男言葉になるのが好き
・入植地の経営にかまけて、クエストがろくに進まない
・家がベッドを並べるだけの容器になってしまった。もうちょい内装とか凝ってみるか
・レールロードのトムが、今作のモイラ枠
・デスクローは相変わらず怖い。あと、自爆するスーパーミュータントが厄介
・NewVegasからの傾向として、悪いことがやりづらいのが難点か
・まだ会ってないけど、三奈子さまの中の人も出ているらしい

最近、フリースタイルダンジョンにハマっている。
テクニック(韻、リズム感、アドリブ等)だけでなく、キャラクター性や勢いも重要な要素になる点、
相手とぶつかりつつ、レフェリーと観客の両方にアピールしなければならない点、
などは、プロレス的な感じがしなくもない。
キャラクターも多種多様で、ギャングスタラップだけじゃないのが楽しい。

漢がコンプラ解除で強くなった設定は、何となく本部を想起させる。般若を守護らねばならぬ。
R-指定は格が違う。彼の試合中の、モンスターたちの安心しきった表情ときたら。筋道立てて解説もできるあたりも好感。
挑戦者だと、掌幻、チコカリ、TKが好きだった。また出て欲しい。
あと、鎮座が出たらどうなるか、一度くらいは見てみたい。

ただ、MCバトルを見慣れない身なので、最初は専門用語に戸惑うことがあった。
基本的な用語は、どっかで解説を入れてくれてもいいのかな、と思ったり。バイブスとかフローとか。


返信:
メッセージをいただきましてありがとうございます。3カ月もお返事せず申し訳なし。
言われてみれば、このサイト、今年で開設十周年なんですね。
改めてさっき、初期の日記を読み返してみたのですが、百合とチンコの話ばかりしていました。
まあ、今も大体そんな感じですし、特にそれで困ってることもないので、このままいこうと思っとります。
そちらもどうかお元気で。更新を楽しみにしています。柚木ティナよ永遠なれ。
posted by u_shino at 00:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

コタツから出たくないので

誰か代わりにトイレに行ってくれないか、というジョークがあった。
ゲノムだったっけ。いや違うな。パクマンさんはチンコを取り外して、ラジコンカーでトイレに向かわせたんだった。
ともあれ、自分のションベンは、どだい自分で垂れるしかないものである。
何の話かといえば、先日ニコ生を見て、ずっと引っかかっていたことがあって、
それは「なぜコメントの内容が、こんなにも重複するのか?」という、すごく今更の話なのだけれど。

リアルタイムを擬態するニコニコ動画やら、よりフラットな実況の場としてのツイッターやらが現れて、かなりの年月が経った。
こうしたサービスにおいては、何かものを見てから自分の感想が定まっていくまでの工程が、相当に短縮されている。
すなわち、「何かを見る」「見たものについて考える」「考えた内容を他人のそれと比較検討する」「比較検討の結果を自分の考えにフィードバックする」という、
複数の単位からなる工程の、単位同士の距離が消えつつある。
先に挙げた、「なぜコメントの内容が、こんなにも重複するのか?」という問いの答えは、おそらくここにある。

ニコニコ動画では、動画とそれに対する他人のコメントが同時に提示され続ける。
自分の気持ちを言語化して吟味する時間的余裕がないから、今の気持ちにピタリとくるコメントを見かけたときに、それを自分の感想と取り違える。
ここにおいて、コメントの重複は問題にならない。主観的には、たまたま他人と感想が被っただけに過ぎないのだから。
更にツイッターに至っては、リツイートという機能のお陰で、もはや自分の手でコメントを書き込む必要すらなくなっている。
換言すれば、ニコニコ動画なりツイッターなりで提供されているのは、ふつう言われるような、場の共有や実況の即時性などではない。
「自分の代わりに誰かが味わい、感想を言ってくれる場」こそが、その本質としてあるのではないだろうか。

もちろん、僕はここでニコニコ動画やツイッターを丸ごと否定するつもりはない。
こうしたサービスが潰れたところで、例えば音楽雑誌や映画雑誌、レビューサイトの受け売りをする人は消えないだろう。
ニコニコ動画やツイッターにおいては、かかる我々の怠惰な性質が、技術の発達によって、極端な形で剥き出しになったに過ぎない。
しかし、ここで問題にすべきは怠惰なのだろうか。
「周りの人間が盛り上がって楽しんでいる」トークショーやライブ会場には、自分の代わりの誰かはいないのか?

いや、話をややこしくするのは止そう。言いたいのはこういうことだ。
自分のションベンは自分で垂れるしかない。疑いようもなく。
しかし同時に我々は、「自分の代わりの誰か」に、少しは注意を払うべきなのではないだろうか。
つまり、決して実在しないがために死に絶えることもない、我々の古い友人に。
posted by u_shino at 01:51| 日記 | 更新情報をチェックする